不眠症について

不眠症とは?

決して夜更かしをしたいわけではないのにも関わらず、眠りにつく事ができずに朝を迎えてしまう不眠症は大きく分けて心理や身体、精神医学や薬理学、生理学といった5つの原因に分類できます。

5つの中で最も多くの方々の不眠症の原因になりやすいのが心理的なストレスであり、ストレスは日常生活を営んでいれば誰もが少なからずビジネスシーンやプライベートシーンで感じる刺激ですが最も快眠を妨げる原因です。

人間関係や仕事量、仕事内容や収入、家族関係など個々により具体的な悩み事は異なりますが、ストレスは共通して交感神経を過度に活発化させてしまうため、副交感神経が主になる必要がある睡眠を直接的に妨害します。

不眠症の様々な原因

目には見えない心理的な原因とは対照的に目視で原因が見られるのが身体的な要因であり、痛みや痒みが我慢できず眠りにつけなかったり、一時的に眠りについても刺激により目が覚めてしまいます。

ただし、身体的でも痛みや痒みのように表皮に異常が目視確認できる事例とは異なって、一見すると健康的に見えるのに睡眠中に目が覚めてしまう事もあり、それが現代人に増加傾向の睡眠時無呼吸症候群です。
自ら目が覚めてしまっている事に気がつけている方がいる一方、気がつけておらずしっかりと眠っているはずであるのに起床時に著しく疲れていたり、慢性的に疲労感を覚え続けている方もいるため、専門医に相談に乗って頂く事が大切です。

睡眠時無呼吸症候群と同様に現代人に増加傾向にある不眠症の原因として挙げられるのが精神医学のうつ病や抑うつであり、ストレスにより不眠症になった事が引き金となって精神疾患を患いうつ病や抑うつの症状の1つである不眠症を発症します。

このように不眠症の原因は複数の事柄が複雑に絡み合って生じている事もあり、すぐに改善させる事が難しい実情もありますが、比較的すぐに解消させられる不眠症の原因としてあるのが薬理学や生理学です。
薬理学ではカフェインやアルコール、ニコチンが要因とされているのでカフェインやアルコールの摂取量を減らして禁煙すれば快眠が得られますし、時差ぼけや昼夜逆転生活といった生活習慣を見直せば生理学的な要因が解消できます。

お問い合わせ