頭痛の原因について

多くの人が抱える悩み

日本国内のみでも3人のうち1人は日頃から頭痛に悩まされているという検査結果があり、合計すると3千万人以上もの方々が高い頻度で痛みに見舞われている事になります。

頭痛の主な症状

頭痛の原因は個々により個人差がありますが多いのは筋肉性や血管性、神経性という3つが引き金になっている事であり、それぞれ引き金になっている頭痛の原因によりきっかけと見舞われる症状、対策が異なります。

筋肉性

筋肉性の事例では重たく感じられる痛みを覚えるのが特徴的なのですが、程度は他の起因に比較すると軽度なので我慢をしていればビジネスや勉強に従事する事が可能です。筋肉性の患者が医師に対して症状を訴える時に口にする事が多いのは、頭部が全体的に締め付けられている様子であるという事や、帽子を着用しているような様子であるという内容であり、他にも首の背中側が重たく感じられるという方も居ます。朝よりも夕方を過ぎてからの方が悪化しやすいのも特徴的なのですが、その後夜に入浴をして体温が高まったり運動をすればすっかり治る事例が多いです。

一方、読書をし続けたりパソコンやスマートフォンに集中していると症状が悪化してしまいます。

血管性

血管性における頭痛ではズキズキとした刺激的な痛みが感じられ、発症するとまるで視界の中において明るい光が点滅しているような印象です。痛みを感じる部位についても筋肉性のように頭部の全体が痛く感じるという事はなく、片側のみに生じるのですが非常に強い痛みであるのが特徴です。厄介なのは痛みと同時に鼻水や涙が止められないほど流れ出てしまうという変調であり、ビジネスや勉強に従事する事は不可能になってしまいますし、強い眠気により眠りこけてしまいます。

適切な対処法

筋肉性の場合は入浴などにより体温が上昇すると血管が拡張されて緩和されますが、血管性の場合は冷たく冷やしたタオルなどを使用して痛い所に当ててあげると血管が細くなり痛みが緩和されます。

頭痛の原因には時間は関係していないものの、気温差により生じやすいので季節の変わり目に症状を訴える方が増えますし、男性よりも女性の方が見舞われやすい上に遺伝的な要素も大きく関係しています。

神経性は長い時間にわたって頭痛を感じ続けるという事はないですが、瞬間的に見舞われる鋭い痛みが大変強く3つの分類の中で最も強烈です。瞬間的な痛みであるのに最も強烈な痛みなのはその名の通り神経が頭痛の原因である事が影響しており、薬剤を使用する際は発生している頭痛の緩和ではなく予防策として薬剤を使用します。

お問い合わせ